利用しやすい層

お金を借りて首が回らなくなる債務者は家や教育のローン返済に悩むサラリーマンばかりでは無く、主婦や学生のケースもあります。

 

定職が無く非労働力人口として数えられる主婦や学生は返済能力に疑問符が付き社会的信用を得づらいので、銀行など金融機関の審査には通りません。

 

かと言って月々の利息を払うべく小口融資を繰り返しては消費者金融からもブラックリスト入りで、行き着く先は高利貸しの闇金しか無くなり、知らず知らずのうちに借金が膨らんでしまいます。

 

闇金は債務者の弱みにつけ込む危険極まりない業者だと認識していればいいのですが、一番怖いのは闇金が最後の駆け込み寺だと思い込み、お金を借りてしまう事です。

 

安易に借り入れると闇金の思うがままで借金は増加の一途を辿り、ゆくゆく度を越えた取り立てやしつこい電話催促に遭い日常生活にも支障をきたします。

 

特に稼ぎ口が無い主婦や学生はそういう状況を家族にも打ち明けれず内緒にしてしまい、ついには大切な家族にまで借金問題の影響が及んでしまいます。

 

また、違法に貸し付ける業者についての意識は持っていたとしても、業者側は狡猾に欺いて気付けば高金利の闇金だったという手口も横行しています。

 

返済するのに足りないから借りようという短絡的な思考だと金銭感覚が麻痺して借金地獄に陥る原因となるので、そうなる前に弁護士や司法書士などプロの法律家に相談して、借金問題から抜け出す突破口を見出しましょう。

関連ページ

知られざる闇金と消費者金融の違い
闇金と消費者金融業の違いをご存知ですか?この2つは似たようで全く違います。まず、この金融業の仕組みを理解してお金を借りましょう。
狙う人の特徴
闇金業者が狙う人は、通常の金融業者からお金を借りれない人です。お金に困っていてどうしようもない人は、借りれるならどこでもいいという状況なので、そこを狙うのが闇金業者の手口です。
闇金とは?
闇金とは、金融業ではありません。違法行為をする金貸し業者です。この闇金業者と少しでも関われば永遠に抜け出すことが出来ない人も沢山います。
いろいろある運営元
闇金業者にはいろいろな運営元があります。すべてが暴力団関係ではなく個人で経営している闇金も数多く存在しています。闇金の知識を学んで専門家にお願いしましょう。