お金を借りることができない人を狙う

お金に困った場合は銀行や消費者金融のローンサービスを利用することによってピンチを脱することができますが、誰でも借りることができるというわけではなく借りるためには安定した収入があることが前提となっており、申し込みをして審査を受けることによって借りることが可能になります。

 

審査基準にはいろいろありますが、複数の金融機関からお金を借りている場合や収入が少ない場合は借りることができないのでお金が必要になっている人にとってはかなりのピンチに陥ってしまうことになります。

 

闇金相談をする人の中には正規の金融機関からお金を借りることができないという理由から闇金を利用してしまい借金が莫大に膨れ上がってしまったというケースも少なくありませんが、闇金相談をして弁護士や司法書士に依頼することによって闇金と直接的な交渉を行ってもらうことができます。

 

借りることができなくてついつい闇金を頼ってしまったという人でも法律の専門家に闇金相談をして問題の解決を図ることはできるので、あまり気落ちしてしまわないようにすることも気持ちを保つためには必要です。

 

また、お金を借りることができない人の中には過去にブラックリストに名前が入っていたという人もいるかもしれませんが、ブラックリストに名前が入っていると裏取引によって闇金が情報を仕入れている可能性もあります。

 

その場合は直接的に闇金から融資の話しがあるケースもありますが、その話しに乗ってしまわないようにしましょう。

関連ページ

悪質な手口
闇金業者の悪質な手口は、まだだま一般的に知られていません。親族や会社にまで取り立ててくる事は有名ですが、それ以外にもいろいろな悪質な手口を使って罠にはめようとします。
ソフト闇金の存在
ソフト闇金とは、数万円を貸してすぐ返済させてという行為を繰り返して利子を稼ぐ手法です。給料日前などに少しの期間だけ金欠になった人向けにお金を貸すのがソフト闇金です。
整理屋の手口
整理屋とは、資格を持っていない和解屋とも言いましょうか、法律など関係なく、借金の減額や金利の減額などで残債を残して和解に持っていき少しでもお金をもぎ取ろうという手口です。
クレジットカードを使用した方法
クレジットカードを使用する方法もあります。クレジットカードで、闇金が指定した何の意味もない商品を高額で買わされて、そのお金を借金の返済に充てるというものです。