クレジットカードを使用した方法

闇金が使う手口にはクレジットカードの現金化がある事をご存知でしょうか?金融機関でお金を借りたくても審査に通らずに借りられない人の場合に、複数のクレジットカードを使用して買い物をする方も多いのではないでしょうか。

 

しかしクレジットカードで商品を購入する事は出来ても現金をキャッシングする事は出来ないので、それを借金の返済にあてる事は出来ません。そこで闇金が目をつけたのが、クレジットカードの現金化です。

 

この方法を簡単に説明すると、クレジットカードで商品を購入させ、それを安価で闇金が買い取るというやり方です。買うものは闇金が指定したものであれば飴玉でも鉛筆でも何でも構わないのです。

 

例えば、50万円の枠があるクレジットカードで飴玉を購入します。それを闇金が40万円で買い取るというやり方です。こうする事でお客様は現金40万円が手元にくるというわけです。

 

一見簡単にお金が手に入ると思ってしまいますが、現金40万円は手元にきますが、その代わりにクレジットカード分の50万円の支払いをしないといけません。

 

闇金側はクレジット会社から50万円が振り込まれているので、お客様に借した40万円を差し引いても10万円の利益を得た事になります。つまりお客様は10万円で飴玉を闇金から購入した事になります。

 

中には40万円で飴玉を買い取ると言いながら騙してそれには応じる事なく、それによりお客様のクレジットカードには50万円の支払いだけが残ってしまうという悪質な闇金もいるようです。このように、どの方法にせよ更に借金が上乗せされていく事には変わりないのです。

関連ページ

悪質な手口
闇金業者の悪質な手口は、まだだま一般的に知られていません。親族や会社にまで取り立ててくる事は有名ですが、それ以外にもいろいろな悪質な手口を使って罠にはめようとします。
ソフト闇金の存在
ソフト闇金とは、数万円を貸してすぐ返済させてという行為を繰り返して利子を稼ぐ手法です。給料日前などに少しの期間だけ金欠になった人向けにお金を貸すのがソフト闇金です。
整理屋の手口
整理屋とは、資格を持っていない和解屋とも言いましょうか、法律など関係なく、借金の減額や金利の減額などで残債を残して和解に持っていき少しでもお金をもぎ取ろうという手口です。
お金を借りることができない人を狙う
闇金業者の手口の一つに、お金を借りることができない人を狙うと言うものがあります。銀行や消費者金融のローンなどから借りれない人を狙うのです。様々な手口がありますので参考にしてください。