ソフト闇金の存在

闇金のイメージはお金を返済出来ないと、自宅に取り立てにきたり、携帯電話に一日に何回も何十回も脅迫や嫌がらせの電話がきたり、兄弟や親戚、隣人の人にまで脅しの手がいくというような事を思い浮かべます。

 

そのため闇金はとても怖いイメージがある人が多くいるかと思います。しかし最近ではソフト闇金と言い、脅迫などの脅しではなく優しく言葉をかける手口の闇金がいます。決して金利が低い訳ではなく、優しく対応する事により相手に安心感を与え信頼感を得る事でお金を取る手口なのです。

 

例えば、2万円をソフト闇金から借りたとすると、「10日後に3万円返してくれればいいので」と優しく言われます。そうすると借りる側は3万円くらいなら給料が入れば返せるだろうと思いお金を借りてしまいます。

 

そこで完済できれば良いのですが、またお金が必要になった時に怖い思いをせずに簡単に借りられるし、嫌な思いもしてないからと次も同じところから借りてしまう事もあります。

 

もしも返済出来なかったとして困って電話すると、「無理はしなくて大丈夫ですよ。今回はとりあえず利息だけで良いですよ」などと相手を思いやるように優しく言われるので、お金が無い時はまた融資をお願いしてしまい繰り返してしまうのです。

 

その際に4万円融資してもらいたい時は「6万円融資して、4万円は銀行口座に振り込みます。残りの2万円は今回の利息分とさせて頂きます」といったような提案を闇金側がしてきます。

 

優しく気遣われているように言われる事で相手を信頼してしまうので警察や弁護士には相談する事はありません。そうして次第に借金が膨れ上がり利息も増えていってしまうという手口を利用してくるのです。

 

金銭感覚がおかしくなってしまうので冷静な判断が出来ずにこのような手口に引っかかってしまうのです。

関連ページ

悪質な手口
闇金業者の悪質な手口は、まだだま一般的に知られていません。親族や会社にまで取り立ててくる事は有名ですが、それ以外にもいろいろな悪質な手口を使って罠にはめようとします。
整理屋の手口
整理屋とは、資格を持っていない和解屋とも言いましょうか、法律など関係なく、借金の減額や金利の減額などで残債を残して和解に持っていき少しでもお金をもぎ取ろうという手口です。
クレジットカードを使用した方法
クレジットカードを使用する方法もあります。クレジットカードで、闇金が指定した何の意味もない商品を高額で買わされて、そのお金を借金の返済に充てるというものです。
お金を借りることができない人を狙う
闇金業者の手口の一つに、お金を借りることができない人を狙うと言うものがあります。銀行や消費者金融のローンなどから借りれない人を狙うのです。様々な手口がありますので参考にしてください。