悪質な手口

闇金は高額な金利を請求するというのが一般的な手口です。どこの金融機関もそうですが、お客様にお金を融資した時に出る利息分から利益を得られるようにしています。

 

闇金の場合は普通の金融機関よりもずっと高額な利息を請求してくるのが特徴です。多重債務であったり、審査が通らずに金融機関からお金を借りられないという人は、怪しいと分かっていても簡単に借りる事が出来る闇金に手を出してしまうのです。

 

何日後かにお金が入るとわかっていて高金利でも返済出来ると思いお金を借りてしまう人もいるかもしれません。ただしその時に冷静に判断していれば闇金はとても高額な金利のために借りる事はないはずです。

 

しかし闇金は低金利で融資しますと始めは言っておいて、「審査に通らなかったために知人の所を紹介します」などと良い、同じく低金利で融資すると見せかけて高額な金利の金融機関を騙して紹介するのです。

 

これも闇金の悪質な手口なので知人の所などはなく全て同じ会社という事です。そこで冷静になりお金を借りなければ良いのですが、そうはいかずに次は紹介料までも請求されてしまうのです。

 

借りる側は闇金に手をつけるくらいなのでお金に困っているので、審査に通らなかったといわれ落ち込んでいる所にあたかも救いの手を差し伸べたかのようにされるために騙されて契約してしまう人が多いようです。

 

その結果、闇金にお金を借りてしまいトイチやトサン、トゴといった桁違いの金利を請求されてしまい、元金以上の利息を支払い続けなければいけなくなってしまうのです。

関連ページ

ソフト闇金の存在
ソフト闇金とは、数万円を貸してすぐ返済させてという行為を繰り返して利子を稼ぐ手法です。給料日前などに少しの期間だけ金欠になった人向けにお金を貸すのがソフト闇金です。
整理屋の手口
整理屋とは、資格を持っていない和解屋とも言いましょうか、法律など関係なく、借金の減額や金利の減額などで残債を残して和解に持っていき少しでもお金をもぎ取ろうという手口です。
クレジットカードを使用した方法
クレジットカードを使用する方法もあります。クレジットカードで、闇金が指定した何の意味もない商品を高額で買わされて、そのお金を借金の返済に充てるというものです。
お金を借りることができない人を狙う
闇金業者の手口の一つに、お金を借りることができない人を狙うと言うものがあります。銀行や消費者金融のローンなどから借りれない人を狙うのです。様々な手口がありますので参考にしてください。