危険な「ブラックOK 」

「ブラックOK」というフレーズを見た事がある人がいると思います。「ブラックOK」と言われても何の事か闇金からお金を借りた事が無い人はわからない人が多いでしょう。

 

このフレーズが意味するのは、お金を借りたくてもブラックリストに載っているから貸してもらえないという人でもOKでお金を貸しますという事を意味します。実際にはブラックリストというものは存在しないのですが、その変わりに信用情報機関の事故情報というものが存在します。

 

事故情報とは、借金の返済を何ヶ月も滞ってしまったり、債務整理を行ったりすると事故情報リストにその人が登録されてしまうというものです。もし事故情報に載ってしまうと金融機関はなかなかお金を貸してくれなくなります。

 

金融機関はお金を貸す前にその人の事故情報の有無などを確認して、その人が返済能力や信用があるかを確かめます。ですので事故情報に載ってしまうと申し込みの際に審査に通らなくなってしまいます。

 

事故情報の有無を確認する事で、返済が遅れてる人や債務整理を行ったばかりの人だと利息も元金すら返ってこないという事態を避けています。ブラックOKとはそういった事情があってもお金を貸しますというものです。

 

事故情報に載っているような人にもお金を貸すという金融機関はただでさえ怪しいという証拠です。銀行や消費者金融で審査が通らないと事故情報に載っているかとは限らないので、事故情報に載っているかは本人にはわからないのです。

 

たとえ審査が通らなくてもブラックリストに載ってしまったとは思い込まずにブラックOKのとこではなく普通の銀行や消費者金融のいくつかの場所に申し込みをしてみましょう。

関連ページ

危険な闇金の貸し借り
闇金というのは、非常に怖い存在です。少しでも貸し借りをすれば、押し貸しや色々な手口であなたを落とし込めようとしてきます。
一方的な貸し付け
闇金業者から一方的な貸し付けをしてくる場合があります。理由は多々あるのですが、その一部をご紹介します。
増えているネット活動型タイプ
最近ではネット活動型タイプの闇金業者増えてきています。広告費が抑えられる事で従来の手口より巧妙な物になっています。
昔からある090型のタイプ
闇金業者の手口に昔からある090型のタイプがあります。携帯電話を使用して足が付かないように少額のお金を貸して、高金利で取り立てると言う手口です。
ジャンプに隠された手口
闇金の手口の一つにジャンプと言う物があります。闇金業者はあらゆる手口を利用していますので、手口をしっかりと認識しておく必要があります。