一方的な貸し付け

金融機関からお金を借りる場合は自分からローンの申し込みをして審査に通過したら借りることができるのが一般的となっていて、当然ながら審査に通過しない場合は借りることができないので他の方法を用いてお金がないピンチを乗り越える必要が出てきます。

 

これがお金を借りる際の流れになるわけですが、闇金になってくるとこちら側から申し込みをするわけでもなく、相手から一方的に貸し付けをされるケースもありますが、法外な金利で貸し付けをされるのですぐに金利が膨れ上がって自分の力だけでは返済することが困難になってしまうのが普通です。

 

また、理由もないのに一方的な貸し付けをしてくるのではなく債務整理の履歴情報などを裏取引で手に入れてお金に困っていそうな人をターゲットにしているので、闇金を利用したことがない人でも強制的に貸し付けされるようなケースもあります。

 

正面からやりあわないことが対応としては鉄則になりますが、もし借りてしまっている場合は自分自身の力ではどうにもならないので法律の専門家に闇金相談をして問題解決を進めて行く必要があります。

 

闇金相談については弁護士や司法書士にするのが一般的となっていますが、相談をしても特にお金がかかってくるというところは少ないのでお金をかけることなく闇金相談をすることができます。

 

ただし、相談をしたからといって問題が解決するわけではないので最終的には依頼して問題解決を進めてもらうことになります。

関連ページ

危険な闇金の貸し借り
闇金というのは、非常に怖い存在です。少しでも貸し借りをすれば、押し貸しや色々な手口であなたを落とし込めようとしてきます。
危険な「ブラックOK 」
ブラックOKというチラシや広告など見たこともある方もおられるでしょう。このブラックOKは、ブラックリストに載っていて、通常ならお金が借りれない人でもお金が借りられるという事です。
増えているネット活動型タイプ
最近ではネット活動型タイプの闇金業者増えてきています。広告費が抑えられる事で従来の手口より巧妙な物になっています。
昔からある090型のタイプ
闇金業者の手口に昔からある090型のタイプがあります。携帯電話を使用して足が付かないように少額のお金を貸して、高金利で取り立てると言う手口です。
ジャンプに隠された手口
闇金の手口の一つにジャンプと言う物があります。闇金業者はあらゆる手口を利用していますので、手口をしっかりと認識しておく必要があります。