増えているネット活動型タイプ

一昔前の闇金と言えばパチンコの雑誌などに広告を掲載するパターンやタックシールなどに掲載して人を集めるところが多かったのですが、ギャンブル雑誌に掲載されていたのはギャンブルをするための資金を必要としている人が多いというのも利用としてありターゲットを絞っていたのが特徴です。

 

最近では紙媒体を利用するところよりもインターネット上で利用者を集めるネット活動型のタイプが増えている傾向にありますが、かかるコストが少ないことに加えて幅広いターゲットがいることなども理由になっています。

 

また、実在する消費者金融の名前を使った貸し出しをするようなところもあるので、利用する側も違法業者と気付くことができずに違法な借り入れをしてしまうケースもあります。

 

闇金からお金を借りているという事実に気付いた時にはすぐに弁護士や司法書士に相談することをおすすめしますが、自分だけで問題解決を図ることは難しいので法律に対して卓越した知識を持っている専門家に相談をすることが解決方法としてはベターになります。

 

また、お金を借りる側もきちんと情報収集しておく必要がありますが、違法な業者かどうかということを調べておくことで対策をすることができると思います。

 

お金を借りるということはリスクを背負うということでもあるので、借りる前は一呼吸おいて十分に検討した上で借り入れを進めて行きたいものですが、同時に利用した場合は早めに相談して問題解決を図りましょう。

関連ページ

危険な闇金の貸し借り
闇金というのは、非常に怖い存在です。少しでも貸し借りをすれば、押し貸しや色々な手口であなたを落とし込めようとしてきます。
危険な「ブラックOK 」
ブラックOKというチラシや広告など見たこともある方もおられるでしょう。このブラックOKは、ブラックリストに載っていて、通常ならお金が借りれない人でもお金が借りられるという事です。
一方的な貸し付け
闇金業者から一方的な貸し付けをしてくる場合があります。理由は多々あるのですが、その一部をご紹介します。
昔からある090型のタイプ
闇金業者の手口に昔からある090型のタイプがあります。携帯電話を使用して足が付かないように少額のお金を貸して、高金利で取り立てると言う手口です。
ジャンプに隠された手口
闇金の手口の一つにジャンプと言う物があります。闇金業者はあらゆる手口を利用していますので、手口をしっかりと認識しておく必要があります。