自己破産した人を狙う

巷の金融機関からお金を借り過ぎた場合、メディアの広告にもあるように弁護士や司法書士に債務整理を頼めば借金問題は減らせます。

 

増え続ける借金に困ったらまずは相談する事により法律の専門家と話し合って今後の方策を一緒に考えていきましょう。

 

自分が置かれている状況を踏まえて、プロの法律家と話し合い任意整理していく方がいいのか、また裁判所に出向き特定調停や自己破産の手続きを取るのかを決めます。

 

このうち自己破産を選べば国からの救済を受け借金もゼロになりますが、その分財産も無くなります。

 

また返済能力が無いのでブラックリストに載る事も了承していかなければなりません。こうなると社会的信用を失いクレジットカードを作れず世の貸金業者からも借り入れ出来ないデメリットもあります。

 

闇金の中にはこのブラックリストを裏から入手して、再度お金に困っていないか接触する業者もおり、借金しやすい人として狙われてしまいます。

 

そもそもは闇金が法律に抵触する業者だと知ってて借りてしまう側にも問題がありますし、その被害を悔やんでいても始まらないので借金の相談は迅速に行いましょう。

 

相談すれば法律事務所側も話を聞いてくれますがアクションを起こさない限りは借金問題はクリアにならないので、法律を武器にして闇金との交渉を依頼しましょう。

 

ただ交渉したからと言って過払い金返還請求しても完全にお金が自分の元に戻ってくる確証はないので注意して下さい。

関連ページ

危険な闇金の貸し借り
闇金というのは、非常に怖い存在です。少しでも貸し借りをすれば、押し貸しや色々な手口であなたを落とし込めようとしてきます。
危険な「ブラックOK 」
ブラックOKというチラシや広告など見たこともある方もおられるでしょう。このブラックOKは、ブラックリストに載っていて、通常ならお金が借りれない人でもお金が借りられるという事です。
一方的な貸し付け
闇金業者から一方的な貸し付けをしてくる場合があります。理由は多々あるのですが、その一部をご紹介します。
増えているネット活動型タイプ
最近ではネット活動型タイプの闇金業者増えてきています。広告費が抑えられる事で従来の手口より巧妙な物になっています。
昔からある090型のタイプ
闇金業者の手口に昔からある090型のタイプがあります。携帯電話を使用して足が付かないように少額のお金を貸して、高金利で取り立てると言う手口です。
ジャンプに隠された手口
闇金の手口の一つにジャンプと言う物があります。闇金業者はあらゆる手口を利用していますので、手口をしっかりと認識しておく必要があります。