危険な闇金の貸し借り

闇金は法外な金利と嫌がらせや脅迫などをした取り立てをしてくるので、返済すれば良いものと思いますがそんな簡単にはいかないものです。闇金からお金など借りたくないと多くの人は思っていますが、騙されお金を借りる事になる人も後を絶ちません。

 

闇金からお金を借りないためにも、しっかりと闇金と見抜けるように冷静な判断をし、怪しいと思った金融機関からはお金を借りない事が大切です。闇金を見抜く方法としてFAXやDM、張り紙などの広告でお金を貸しますと言ってくるところです。

 

ここでは低金利、即日融資、車に乗ったまま融資などを優しく甘い言葉で言ってきます。FAXやDMは日常で使う事は有りますが、お金を貸しますといった内容であれば間違いなく闇金だと思って良いでしょう。

 

一般的の金融機関からはお金を借りたくても審査に通らず借りる事が出来ず、どうしようと困っている時に、広告を見てしまうと怪しいと思っていても困っている時なので話だけ聞いてみようと思ってしまう方もいます。

 

話を聞くだけと思っていても知らない間に闇金から勝手にお金を借りる事になってしまっている事もあります。また万が一のために口座だけでも教えてもらえればすぐにお金を振り込みますなどと言って口座を聞き出し押し貸しをしてくる事も考えられます。

 

FAXやDM、張り紙などの広告に載せるのは間違いなく闇金だと断定して良いでしょう。一般的な金融機関はこのようにFAXやDMに載せるてお金を貸すという事はまず無いからです。

関連ページ

危険な「ブラックOK 」
ブラックOKというチラシや広告など見たこともある方もおられるでしょう。このブラックOKは、ブラックリストに載っていて、通常ならお金が借りれない人でもお金が借りられるという事です。
一方的な貸し付け
闇金業者から一方的な貸し付けをしてくる場合があります。理由は多々あるのですが、その一部をご紹介します。
増えているネット活動型タイプ
最近ではネット活動型タイプの闇金業者増えてきています。広告費が抑えられる事で従来の手口より巧妙な物になっています。
昔からある090型のタイプ
闇金業者の手口に昔からある090型のタイプがあります。携帯電話を使用して足が付かないように少額のお金を貸して、高金利で取り立てると言う手口です。
ジャンプに隠された手口
闇金の手口の一つにジャンプと言う物があります。闇金業者はあらゆる手口を利用していますので、手口をしっかりと認識しておく必要があります。