昔からある090型のタイプ

090型の闇金タイプというのはいわゆる携帯電話型と言われているもので、これまでに電信柱や町の掲示板などに携帯電話の番号が書かれていて即効融資とかかれているものを見たことがある人も少なくないと思いますが、これこそが090型のタイプになります。

 

携帯電話番号にしているのは足がつかないようにするためで、固定電話だと居場所や所有者の情報を知られてしまうので闇金にとってはリスクが高くなっていますが、これが携帯電話であればプリペイド式などを使うことで足がつかないようにすることができます。

 

そのような理由があっての携帯電話番号になっているわけですが、少額融資が中心となっていて利用すると高金利でなおかつ悪質な嫌がらせなどを受けるようになるので最初から利用しないようにしなければなりません。

 

もし、利用してしまい被害が出ている場合は警察に相談をして、直接的な解決を望むなら闇金対策に特化している弁護士や司法書士などに相談をして問題解決を進めて行く必要があります。

 

いずれも相談するにあたって特別お金がいるケースはほとんどないので、闇金に搾取されてしまってお金がないという人でも問題無く頼って相談することが可能になっています。

 

ただし、相談してから仲介者として入ってもらう場合は費用が別途で発生することになるので、最終的にはどれくらいのお金が必要になってくるかということや支払い方法などについてはあらかじめ確認しておく必要があります。

関連ページ

危険な闇金の貸し借り
闇金というのは、非常に怖い存在です。少しでも貸し借りをすれば、押し貸しや色々な手口であなたを落とし込めようとしてきます。
危険な「ブラックOK 」
ブラックOKというチラシや広告など見たこともある方もおられるでしょう。このブラックOKは、ブラックリストに載っていて、通常ならお金が借りれない人でもお金が借りられるという事です。
一方的な貸し付け
闇金業者から一方的な貸し付けをしてくる場合があります。理由は多々あるのですが、その一部をご紹介します。
増えているネット活動型タイプ
最近ではネット活動型タイプの闇金業者増えてきています。広告費が抑えられる事で従来の手口より巧妙な物になっています。
ジャンプに隠された手口
闇金の手口の一つにジャンプと言う物があります。闇金業者はあらゆる手口を利用していますので、手口をしっかりと認識しておく必要があります。