借金完済のデメリット

闇金から逃れるには当然ですが、借金を完済する事で全て解決出来ます。もちろん完済すれば脅迫や嫌がらせなどの取り立てもなくなります。一般的な金融機関からお金を借りた場合は、金利のローンも法律の範囲内なので少しずつ返済すれば完済は出来ます。

 

例えば消費者金融から10万円借りたとすると、月に1万円ずつ支払っていけば1年もしないで返し終え完済する事が出来ます。しかし闇金の場合は消費者金融のように少しずつ月に返済していれば完済出来るといった事はないのです。

 

同じように10万円を闇金に借りた場合は、トイチの利息がつくとしたら月に1万円ずつ返済していても元金にすらならないのです。逆に返済がどんどん遅れてしまい借金は膨れ上がる一方です。

 

トイチの場合10日で1割の利息なので10日に1万円の利息を支払わなければならず、1万円だけでも支払ったとしても元金はそのままなので借金が減る事はありません。

 

また闇金の中には借金が完済されそうになると連絡を取れないようにする所もあるのです。連絡が取れない間は借金を返済する事が出来ないので利息が足され借金は増えていき、結局完済出来ない状態になってしまいます。

 

高額な利息がかかったり、完済されそうになると出来ないような手口を使ってくるので、闇金から逃れるという事は無理といっても良いでしょう。仮に完済して闇金から逃れられたとしても、他の闇金会社に情報が知れ渡ってしまっているので、頻繁にDMが送られてきたり、お金貸しますよなどの電話がかかってきたり時には勝手にお金を銀行口座に振り込んでくる場合も考えられるのです。

 

完済する事が一番の方法に思えますが、意外にもデメリットが多いのです。

関連ページ

借り換えの危険性
借り換えの危険性をしっかりと把握しておかなければいけません。闇金の借金を闇金で借り換えて返すなんて行為は間違いなく駄目です。よけいに危険が待っています。
自己破産をする事の意味
自己破産をするといことは、闇金から逃れる方法だと思われがちですが、闇金はもともと違法行為をしている犯罪者なため、自己破産してようが取り立ててくる場合も多数報告されています。
多重債務者の利用リスク
多重債務者のとは数多くの銀行や消費者金融から小口の融資を受けている事をいいます。数多くのところから借りるとそれだけのデメリットがあるので注意です。