多重債務者の利用リスク

多重債務者が闇金を利用して法律事務所に相談しにいくというパターンは少なくありませんが、多重債務者というのはいくつかの銀行や消費者金融から小口融資を受けている状態のことを言い、それぞれの金融機関に対して約款返済が毎月必要になってくることから負担が大きいデメリットがあります。
多重債務者になると闇金を利用してしまう可能性が高くなるのは新しく銀行や消費者金融でお金を借りることができなくなってしまうからですが、借りるところが無くなってしまってお金が必要な場合に闇金の広告などを見てついつい利用してしまうというものです。

 

多重債務が原因で利用に走ってしまう場合はすでにまとまった借金を抱えていることが前提になっていると思いますが、法律の専門家に相談をする場合も闇金相談だけでなく既存の借金をどのように片付けていくかの相談も必要になります。

 

多重債務の場合は一般的に債務整理による問題解決がメインになってくると思いますが、債務整理にも任意整理や特定調停、自己破産などさまざまな種類があるのでかかる費用や時間、借金をしている状態などから債務整理を選んでいくことになります。

 

また、債務整理をするとブラックリストに名前が入ってしまいますが、その際に違法なルートでリストを手に入れた闇金業者が執拗にお金を貸し付けてくるようなケースも実際に多くあります。

 

そのため、債務整理をする場合は闇金利用のリスクが高まるということにも気をつける必要があります。

関連ページ

借金完済のデメリット
借金を完済すれば問題ないのですが、完済しそうになると完済できないように闇金業者が色々な手口を使って返済できないようにしてきます。その怖い手口を紹介しましょう。
借り換えの危険性
借り換えの危険性をしっかりと把握しておかなければいけません。闇金の借金を闇金で借り換えて返すなんて行為は間違いなく駄目です。よけいに危険が待っています。
自己破産をする事の意味
自己破産をするといことは、闇金から逃れる方法だと思われがちですが、闇金はもともと違法行為をしている犯罪者なため、自己破産してようが取り立ててくる場合も多数報告されています。