自己破産をする事の意味

闇金からの借金を解決するために自己破産するといった方法を取る人もすくなはないと思います。自己破産、債務整理は借金が返済出来ないほど多くなってしまうった場合に用いる手段の一つです。

 

債務整理の場合は借金の減額や支払い方の見直し、自己破産ならば返さなくても良い場合もあるかもしれません。債務整理や自己破産をする事で生活面はある程度の制限はありますが、闇金からの取り立てなどで毎日怯えて生活すると言った事からは解放されるでしょう。

 

借金の事で頭を抱えて精神的にも追いつめられる事もなくなります。一般的な金融機関の場合、自己破産をして借金帳消しになればそれが成立してからは借金の取り立ては出来ない事になっています。

 

しかし闇金の場合は最初から違法な事をしているので、法律には関係なく自己破産や債務整理をして支払いしなくても良い状況になっても、まだ脅迫や嫌がらせをしてくる可能性があるのです。場合によっては嫌がらせが以前よりもエスカレートしてしまう事も否定できません。

 

自己破産してしまうとクレジットカードが作れなかったり、他に借金を作る事が出来なくなったりするなどのデメリットもあります。そして世間からの目が痛い思いをするかもしれません。借金が支払えなくなってしまったから自己破産すると考えてしまうのは浅はかな考えかもしれません。

 

闇金自体が違法なので元金すら支払わなくて良いので、自己破産とすぐに決断を出さないほうが良いでしょう。

関連ページ

借金完済のデメリット
借金を完済すれば問題ないのですが、完済しそうになると完済できないように闇金業者が色々な手口を使って返済できないようにしてきます。その怖い手口を紹介しましょう。
借り換えの危険性
借り換えの危険性をしっかりと把握しておかなければいけません。闇金の借金を闇金で借り換えて返すなんて行為は間違いなく駄目です。よけいに危険が待っています。
多重債務者の利用リスク
多重債務者のとは数多くの銀行や消費者金融から小口の融資を受けている事をいいます。数多くのところから借りるとそれだけのデメリットがあるので注意です。